デザインを選ぶ

デザイン

婚約指輪は特別なものにしたいため、なるべく輝きが大きなデザインにしたいものである。
デザイン料の相場はブランド物や、シンプルなものから複雑なものまであるので一概にはいえないが、やはりシンプルな方が価格の相場は低くなる。

婚約指輪は宝石のあしらい方に特徴がでる。
ジュエリーの世界でも、デザインの流行というものがある。

オーダーメイドで作る

オーダーメイド

せっかくの思い出に残る婚約指輪なのだから、世界で一つしかないものを作りたいと考える人は多い。
婚約指輪や結婚指輪を作る方法は様々あるので、予算と自分や相手の希望も反映させながら製作方法を選ぶと良い。

一番製作の平均が高くなるのがフルオーダーメイドで指輪を製作する方法である。
オーダーメイドにはフルオーダーメイドとセミオーダーメイドがあるが、フルオーダーメイドの方がキャストから製作されるため相場が高くなってしまうのである。

購入価格の変化

相場

データとしては婚約指輪の相場の平均は330,000円前後と言われている。
以前は給料三ヶ月分といわれていたものだが、時代によって変動するのは当たり前でもある。

以前の平均は400,000円であったが、震災や不況の影響により購入価格に影響が大きく出た形になる。
2014年はアベノミクスの恩恵を受けている人が多くいるといわれているので、また変動するかもしれない。

市場の変動を知る

ダイヤモンド

婚約指輪に掛ける相場は毎年統計が取られている。
このため、相場を参考にするならばこうした統計を参考にすることが推奨される。
適切な値段を知れば、自分の生活に見合ったものを選ぶことができる。

購入金額の相場は毎年変動する。
これは社会情勢や景気の変動が大きく影響するので、前年度の年よりも大きく伸びる場合もある。